観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

祖父江のまちが黄金色に輝く秋 イチョウ黄葉まつり開催/稲沢

今年は「イチョウの郷の成人式」

稲沢市祖父江町で11月18―26日、「そぶえイチョウ黄葉まつり」が開かれる。まちなかに1万本以上のイチョウが立つ“イチョウの郷”が誇る秋の恒例行事も今年で20回目の節目を迎える。黄金色に輝く光景と多彩なイベントで、このまちならではの秋の風情を楽しもう。

祖父江とイチョウの深い関係は江戸時代から。季節風「伊吹おろし」から家屋の屋根を守るため、神社仏閣や屋敷の周囲に植えたのが始まりとされる。今も樹齢200年を超える大木も含め約1千本がまちなかに立ち、その歴史を伝えている。特産品の「祖父江ギンナン」も知られたところ。

まつりは祖父江ならではの秋のイベントとして始まり今年で20回目。例年10万人以上が来訪する一大イベントにまで成長した。今年はこの節目を祝おうと「イチョウの郷の成人式」と題し、まつりを盛り上げる。

そぶえイチョウ黄葉まつり

鮮やかな黄色に染まったイチョウと
多彩なイベントが楽しめる

名鉄尾西線・山崎駅周辺が期間中毎日、祖父江町体育館は同18―19日に会場となり、古木や久寿ギンナンの原木、イチョウ並木のトンネルなど黄色に色づき見ごろを迎えたイチョウ観賞と、例年ステージイベントや模擬店など多彩な催しで秋の楽しい一日を演出する。メーンイベントともいえるイチョウの木のライトアップは18―25日の17―21時。

愛知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ