観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

あいちの真髄探訪 三谷温泉松風園、竜の子街道核にモデルコース

醸造文化や岡崎をめぐる旅

三谷温泉の松風園では「竜の子街道」を核としたモデルコースを設定した。日本文化を体感する「あいちの真髄探訪」として醸造文化や日本六古窯のひとつ常滑焼、徳川家康生誕の地・岡崎をめぐる旅をアピールしている。

コースの初日は、日本遺産に選ばれた常滑市のやきもの散歩道を皮切りに、明治12年に創業してから味噌とたまり醤油を造り続けている中定商店の醸造伝承館(武豊町)、国有形文化財のビール工場を観光施設化した半田赤レンガ建物(半田市)、日本料理に欠かせない白しょうゆと白だしを製造するありがとうの里(碧南市)などを訪れる。中部空港セントレアでのセグウェイ体験や新しいタイプの企業ミュージアムとして話題のMIZKAN・MUSEUM(半田市)など最新の体験スポットも盛り込んだ。宿泊は松風園。

半田赤レンガ建物

半田赤レンガ建物

2日目は、岡崎市へ繰り出し岡崎公園で岡崎城や三河武士のやかた家康館を見学した後、八丁味噌や大樹寺など家康ゆかりの地をめぐる。

大樹寺

岡崎市の大樹寺

このコースは、11月1―2日に「あいちDC」全国宣伝促進会議のエクスカーションとして旅行会社担当者らが実際に周遊する予定になっている。

愛知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ