観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

長野南木曽 ミツバツツジ400株群生

遅い春告げる山の彩り

長野県南木曽町では4月中旬、木曽川畔の天白(てんぱく)公園の高台に群生するミツバツツジが桃色の花をつけると、ようやく春がやってくる。6種400株もの桃色の大群落がまだ寒々しい山を彩ると、春が来たことを実感するのだ。

天白公園では満開の季節、毎年恒例行事「なぎそミツバツツジ祭り」が開かれる。今年は4月6―21日、ミツバツツジが彩るなか、園内にはツツジや花桃の苗、地元産の農作物などを販売する売店や茶店が並び、多くの来園客で賑わう。ツツジ園から10分ほど歩くと満開の菜の花畑にも出会える。

ミツバツツジ祭り

天白公園の「ミツバツツジ祭り」

開催時間は9―16時。駐車場はバス10台、普通車120台を収容でき、駐車料はミツバツツジを守る環境整備協力金として大型バス1500円、マイクロバス800円、普通車300円。

バスは事前に南木曽町観光協会 電話0264―57―2001まで要連絡。

春花紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ