観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

愛知南知多 様々な品種で花ひろば開花

春から本番 一面花、花、花

愛知県南知多町の観光農園「花ひろば」は、その名の通り、広大な園内で年中花を観賞できる、花の一大スポット。当然、春は開花する品種は多く、見どころが充実する。花を愛でるなら温暖な南知多のこの地は外せない。

冬から咲く菜の花に続いて3月上旬にフリージアが咲きだすと春花シーズンの開幕。続いて、ポピー、キンセンカ、スイセンが3月中旬から5月末まで開花し、春を連れてくる。さらに、アイリス、ストック、キンギョソウ、ルピナスが咲き、春本番。梅雨を過ぎ、名物のヒマワリへとリレーしていく。

同園では入園料は大人(中学生以上)650円、子ども300円で、園内の花をどれでもひとり10本まで摘んで土産に持ち帰ることができる。

営業時間は8―17時。花観賞と摘み取りの所要時間は約40分。大型バス駐車場も備え旅行会社に団体利用を勧めている。

春花紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ