観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

和文化体験プログラム充実 下呂温泉合掌村

懐かしの“ふるさと”を体感

下呂市の下呂温泉合掌村は、世界遺産・白川郷などから移築した合掌造りの民家が建ち並ぶ。日本の原風景とも評される飛騨の伝統の世界が広がる。家屋見学や村内散策、体験プログラムを通して懐かしの“ふるさと”を体感できる。

合掌村は、合掌造りの家屋10棟が集落を形成。伝統的な家屋での暮らしぶりを知ることができる。「大戸家住宅」は国の重要有形民俗文化財に指定されている。白川郷では合掌家屋が現役の住居のため屋内の見学ができないなどの制約があるが、合掌村では屋内見学が可能で、ゆっくり散策できるのも人気の理由のひとつ。

下呂温泉合掌村

関東圏からのバスツアーが増えている合掌村

村内散策をより演出するのが「和服姿de散策」。10−5月に実施しており、着物に身を包み、村内をゆっくり楽しめる。参加は1日に女性10人まで、男性5人まで。料金は体験時間によって異なり女性3千円、男性4千円から。

そのほかにも、和の文化体験プログラムが充実。村内の「飛騨工房」では陶芸、陶器の絵付け、ろくろ、紙すきから絵描きまで挑戦する「絵すき」体験ができる。所要時間はいずれの体験も30分−1時間。料金は絵すき1100円から、陶器の絵付け900円からなど。

合掌村は近年、下呂温泉観光協会が推進するマーケティングデータなどを活用した取り組みを強化。その成果から関東圏からのバスツアーの立ち寄りに組み込まれるなど、来村者が増加している。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ