観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

光秀ゆかりの地めぐるツアーを助成 岐阜県観光連盟、旅行商品造成を促す

県内周遊商品設定で経費補助

「麒麟がくる」の放送を機に、県内の明智光秀ゆかりの地をめぐる旅行商品造成に対して、岐阜県観光連盟が助成金を設定した。商品パンフレットやチラシ作成経費の一部を助成するもので、同連盟では「ぜひ活用して岐阜県への送客をお願いします」と利用を呼びかけている。

助成金はエスコート型旅行商品とパーソナル型旅行商品向けの2種類。

エスコート型は (1)県内に3カ所ある大河ドラマ館の中から1カ所以上組み入れること(2)県内に1泊以上宿泊すること(3)大河ドラマ館の入場が可能になる2020年1月からの設定であること(4)設定本数は3本以上であること(5)県内外を発地とし、岐阜県内を着地とすること(6)県内で昼食を1回以上組み入れること−が要件。

また、パンフレットは8ページ以上で、1ページの2分の1以上掲載することとしているほか、発行部数は1万部以上。チラシはB3サイズ以上で、タテ4センチ・ヨコ15センチ以上掲載し、発行部数は5千部以上。紙面に「協力・(一社)岐阜県観光連盟」と掲載することも条件。

さらに、ウェブサイトでデジタルパンフかPDFを掲載し、協力も明記することを求めている。

パンフレットは上限30万円、チラシは同10万円。

一方、パーソナル型は(1)県内外を発地とし、岐阜県内の宿泊施設が掲載されていること(2)大河ドラマ館および関連観光施設(明智光秀ゆかりの地など)を掲載することが要件。パンフは4ページ以上で、A4版フルカラー。1ページの3分の1以上の掲載割合で、発行部数は1万部以上。

1パンフレットあたり30万円が上限。

県観光連盟では「予算は十分にとっているので、ぜひ」と旅行会社に呼びかけている。

問い合わせは、岐阜県観光連盟販売促進課 電話058−275−1480。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ