観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

農商工連携の地域活性先進地 ちこり村、見学や食で魅力体感/中津川

地元食材使った「おふくろの味」をビュッフェで

中津川市の「ちこり村」は、欧州原産の野菜「ちこり」を栽培する農業観光施設。休耕田の活用、高齢者の雇用、観光と、ちこりの生産を通じて地域活性化に取り組んでいる。食を通して地元にも訪れた人にも“元気”を伝えている。

ちこりはキャベツやハクサイのように、欧州では高級野菜かつポピュラーな存在。低カロリーと豊富な栄養素を持つ。

同村は農商工連携による地域活性化の現場として視察も多いが、観光にも対応したメニューを通年で実施。ちこり生産ファームで栽培の現場見学と、ちこりを使って焼酎をつくる「ちこちこ焼酎蔵」の見学が体験できる。スタッフが案内してくれるので学びを深められる。ちこりの試食やちこり茶、ちこり焼酎の試飲、お土産購入をあわせて所要時間45分以上を勧めている。20人以上の団体は要予約。無料。

ちこりをはじめ地元の食を楽しめるスポットも充実。併設レストラン「バーバーズダイニング」では地元農家のお母さんたちによる、ちこり料理を含めた地元の旬の野菜を中心とした「おふくろの味」がビュッフェスタイルで楽しめる。旅行会社もツアー時のランチで組み込むことが多く、11―14時、150席で対応する。

ちこり村

バーバーズダイニングでは地元のお母さん
たちが作った地元野菜の料理をビュッフェで

そのほか、地元の農産物や農産加工品など地元の旬の味覚がそろう「ちこり村マルシェ」も。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ