観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

滝めぐりや農村サイクリング、森で“忍者体験”も 下呂のエコツーリズム

「小坂の滝めぐり」と「馬瀬十景」

下呂市が推進するエコツーリズム。多彩な体験プログラムが用意されており、いずれも下呂の自然を身近で体感できるものばかり。下呂温泉を拠点に、緑と水を求めて里山へ繰り出そう。

下呂版エコツーの核とも言える存在が、「小坂の滝めぐり」。市内小坂町には落差5㍍以上の滝が200以上あり、かねてからトレッキングのメッカとして知られてきた。NPO法人飛騨小坂200滝は、3段の滝が迫力ある三ツ滝や、落差30㍍もある仙人滝などでは初心者向けコース、裏見の滝などへは中級者コース、千畳の滝など6つの滝をめぐる本格的なコースなど、実力と時間、見たい滝などニーズに応じた様々なコースを用意している。地元ガイドとじっくり巡りたい。

下呂温泉観光協会

「小坂の滝めぐり」は定番

「馬瀬十景」が選定されている、自然豊かな同市馬瀬地区に行くと、マウンテンライフ飛騨が山のアクティビティを提供。杉林に囲まれた地にある「ニンジャの森」ででのフィールドアスレチックは全部で27コース。子どもたちは忍者気分で森に親しめる。「不動明王の滝」での沢登りも涼感たっぷりでおすすめ。

同じく馬瀬地区のフィッシングセンター水辺の館では、農村の風景を求めてのサイクリングが楽しめる。懐かしの風景が広がる里山を自由に走り、心を癒す。弁当と温浴施設での日帰り入浴もつく。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ