観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

うだつ照らす幻想空間 美濃和紙あかりアート展、10月6―7日に/美濃

古い町並みと伝統工芸の融合で幽玄の美演出

美濃市では10月6―7日、秋の風物詩「美濃和紙あかりアート展」が開かれる。夜間、重要伝統的建造物群保存地区「うだつの上がる町並み」を地元伝統の美濃和紙で作られた灯りのオブジェで彩る。美濃が誇る“古い町並み×伝統工芸”の融合で、歴史情緒たっぷりの幻想空間を創り出す。

同展は毎年この時期に開かれており、今年で25回目。1300年の歴史を持つ美濃和紙文化の再生・振興と、市が誇る伝統の風景「うだつの上がる町並み」のブランド化を目的に始まった。回を重ねるにつれ、地域手作りの温かみから来場者から評価も高く、全国から見物客が訪れるなど、着実に成果を生んできた。

かつての豪商の象徴といえる屋根上の防火壁「うだつ」が上がる江戸―明治期の商家が立ち並ぶ町並みに、公募で集まった美濃和紙を使った灯りのアート作品を展示する。自治会と住民の協力もあり、初日は10―22時、2日目は13―22時、道路を通行止めにし、まち全体が会場に。夜間は16時から、作品に明かりを灯す。ほのかに灯ったあかりが町並みを柔らかく照らし、歴史と夜の闇と光による幽玄の美を演出する。

美濃和紙あかりアート展

美濃和紙のあかりのオブジェを灯すと
「うだつの上がる町並み」の歴史情緒が一層際立つ

当日は地元特産品の販売や街角コンサート、同市の伝統芸能「美濃流し仁輪加」の上演など、様々なイベントも開かれ、会場を盛り上げる。

アート展が終わると10月12日―11月30日、同展の最優秀作品を町並みの軒先に常設展示する「あかりの町並み―美濃」を実施。例年約80作品がアクリルケースに入れて展示され、雨の日でも観覧が楽しめる。

岐阜 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ