観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

新型LRTを導入 伊予鉄道

訪日外国人観光客にも対応

松山市内や道後温泉を中心に愛媛県東予地方を走る伊予鉄道は9月21日、松山市内線に新型LRT(次世代型路面電車)を投入、運転を開始した。低床バリアフリーで、案内も訪日外国人観光客に対応するなど利便性向上を図った。

投入車両は5000系型2両。同社路面電車36両のうち12両、3分の1がLRT車両となった。

伊予鉄道

松山市内線で運転を始めた新型LRT

5000系車両は、同社が「IYOTETSUチャレンジプロジェクト」として実施しているオレンジ色のカラーリングを用いた流線形のデザインで、愛媛らしさを表現。通路幅を従来より24センチ拡幅した低床バリアフリー型車両で、定員数はこれまでより13人多い60人に、デジタルサイネージの導入で中吊り広告がなくなるなど、広く快適な車両を実現させた。

また、「えひめFreeWi―Fi」の導入や、行先表示や車内アナウンスを英語対応とすることで、訪日外国人観光客への対応も強化した。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ