観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

子規・漱石生誕150年 松山、地元の偉人節目で記念事業

2人のエピソードを後世に伝える

今年は正岡子規とその盟友・夏目漱石という松山市ゆかりの2人の偉人の生誕150年。松山市では2人の足跡と功績を後世に語り継ごうと記念事業を実施している。

事業のテーマは「松山から世界へ そして未来へ」として、子規と漱石の出会い、友情、別れ、功績の紹介を軸に様々な取り組みを用意。2人が松山で俳句作りに熱中したことや、漱石がロンドンへ留学し世界を体験したこと、現代に通ずる文学を遺したことなど2人のエピソードを松山ならではのストーリー性を持った事業として展開している。

4月には子規記念博物館の常設展示室を映像や創作人形を導入するなどしてリニューアル。同館は昨年度も年間入館者が10万人を突破するなど好調だ。

子規記念博物館

常設展示室をリニューアルした
子規記念博物館

11月26日には「第15回坊っちゃん文学賞」の表彰式、来年2月3日には国際写真俳句コンテストのシンポジウムも行われる。

坂の上の雲ミュージアムでは2人の生誕150年と同館の開館10周年を記念した特別展示「漱石と松山」を11月26日まで開催中。貴重な資料の展示を通して松山と漱石の関係を読み解く。

松山市では昨年、夏目漱石没後100年、小説「坊っちやん」発表110年、来年も明治維新150年、秋山真之生誕150年と、ゆかりの人物・歴史の節目が続く。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ