観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

観光列車「海里」が新潟−酒田間で運行 JR東日本

新潟エリアの観光列車充実

JR東日本は10月5日から、新潟駅−山形県・酒田駅間に、新たな観光列車「海里(かいり)」の運行を始めた。

海里は、新潟と庄内の食、景観を楽しむ観光列車。4両編成で1、2号車は指定席、3号車は売店とイベントスペース、4号車は旅行商品として販売するダイニング24席からなる。

ダイニング仕様の4号車では、新潟発は新潟古町花街の有名料亭・行形亭、鍋茶屋、一〆が四季折々の日本料理を提供し、酒田発では山形県鶴岡市のアルケッチャーノの奥田政行氏監修「奥田イタリアン」を提供する。1、2号車でも事前予約で海里特製、新潟と庄内の弁当を用意する。

景色で見どころとなるのは、新潟と山形県境の名勝、日本海・笹川流れの景観。桑川駅に上り下りで20−30分程度停車し、隣接する道の駅笹川流れ夕日会館から夕陽を望める季節もある。

定員は86人。外観は夕陽と新雪の融合を表現し、それ自体が新潟の新しい風景となることに期待を込めた。金土日を中心に1日1往復、片道約3時間かけて運転する。

海里

新潟と庄内の食、景観が楽しめる「海里」

新潟県内では、乗って楽しい観光列車の投入が続いている。3年前に運行を開始した「現美新幹線」は、写真家の蜷川実花さんが長岡の花火をモチーフに外観をデザイン。6両編成のうち1両が指定席で、自由席も含めすべてが現代アート車両。走る美術館と称される。上越新幹線・越後湯沢−新潟間を週末や祝日を中心に運行している。イベント運行を除き、1つの県内だけ走る新幹線としても知られる。

新潟県を走る北陸・上越2つの新幹線を結ぶのは「越乃Shu*Kura」と「飯山線観光列車おいこっと」の2つの観光列車。

「越乃Shu*Kura」は今年運行から5周年。金土日祝を中心に、上越妙高から長岡を経由し十日町までを約2時間半で運転している。日によって目的地が違うのも特徴で「柳都Shu*Kura」(上越妙高−新潟)と「ゆざわShu*Kura」(上越妙高−越後湯沢)と名称を変え運行している。「Shu*Kura」は酒の蔵の意味。3両編成の車内では、地酒の試飲や食事、生演奏が楽しめる。

土日休日を中心に長野−十日町を1日1往復するのは、田舎をテーマにした観光列車「おいこっと」。田舎は東京の真逆との発想でTOKYOを反対から読んで名付けたのがOYKOT(おいこっと)。茅葺き屋根の襖や障子をイメージした外観と古民家風の内装デザインが印象的な2両編成で、千曲川に沿って日本の田舎風景の中を走る。

海里も走る羽越本線の新潟—酒田(山形県)を走る「きらきらうえつ」はえきねっとの「お先にトクだ値スペシャル」で半額運賃で販売中。新潟−会津若松には、SL列車「SLばんえつ物語」が走っている。

新潟 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ