観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

今だからこそ人道の敦賀港

「敦賀ムゼウム」に注目

ロシアのウクライナ侵攻で、平和の象徴的な施設「人道の港 敦賀ムゼウム」が注目されている。明治から昭和期にかけてヨーロッパへの玄関口として栄えた国際港・敦賀は、孤児や難民救出を行った「人道の港」としての歴史も持つ。

敦賀ムゼウム

人道の港の歴史を伝える

敦賀港は、1920年代にはポーランドの孤児、40年代には杉原千畝の「命のビザ」でナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人難民を受け入れてきた。

館内ではこれらの史実を紹介し「平和学習」「人権教育」について学ぶ貴重な教育素材となっている。

福井県の観光関係者は「実際、現在も日本ではウクライナの難民を受け入れている。今改めてムゼウムの存在を知ってもらい多くの人に来ていただき平和について考えてほしい」と話している。

福井県あわら温泉 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ