観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

黒部峡谷の深淵に迫る 展望ツアー、今年は5月末から

「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」 関電施設と自然散策の特別ツアー

「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」が今年は5月31日―11月11日の金土日月曜に実施される。通常では立ち入ることができない関西電力施設内と自然散策を組み込み、黒部峡谷の魅力に奥深く迫る人気ツアーだ。

富山県と黒部市、関西電力、同鉄道、黒部・宇奈月温泉観光局が地域の新しい魅力を創出しようと連携し2015年に商品化。以来、旅行会社各社が取り扱うなど人気を集め、定番化している。

黒部峡谷鉄道で宇奈月から欅平へ。関西電力施設内では専用列車でトンネルを進み、黒部川第三発電所の取水ダム「仙人谷ダム」建設時の輸送用エレベーター「竪坑エレベーター」でトロッコごと高低差200メートルを約2分で移動する。到着後、竪坑展望台から上部トンネル、登山道、パノラマ展望台へと進み、北アルプスの眺望を間近で堪能する。

黒部峡谷パノラマ展望ツアー

上部トンネルを歩く

所要時間は約6時間。1日4回出発する。料金は大人6千円、小学5・6年生4千円。定員は53人。15人以上の場合は問い合わせを。

問い合わせ、申し込みは観光販売システムズ 電話050―3775―4727。

富山県立山黒部 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ