観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鳥羽城跡に「御城印」登場 九鬼水軍ゆかりのデザイン

戦国期の貴重な海城 城郭ファンや観光客に人気

城郭の登城記念として全国的に人気を集める「御城印」が、鳥羽市・鳥羽城跡でも販売されている。城ファンのみならず観光客にも鳥羽観光の土産として人気だ。

御城印は、寺社を参拝してもらう御朱印の城版。全国各地の城郭が登城記念として続々と発行し始め、今ではスタンプラリー感覚で“城攻め”する人が増えている。御朱印と同じサイズで、中央に城名が書かれ、かつて城を治めた城主の家紋や旗印が朱色で押印されているケースが多い。

鳥羽城跡は、織田軍に属した九鬼水軍の居城。九鬼嘉隆が1594年に築いた全国的にも珍しい海城で、標高40メートルの小高い丘に築城され、四方は海、大手門は水門となっているなど水軍の基地として役目を果たした。3層の天守をはじめ13の櫓を備えていたという。

現在は、二の丸跡に鳥羽小学校が建ち、本丸跡はグラウンドに。天守閣跡などに野面積みの石垣が残り、城北側の妙慶川に復元された相橋などに往時の面影が残る。

鳥羽城跡の御城印は、朱色の家紋に城名が描かれている。七曜家紋版、左三つ巴紋版(いずれも300円)に、今年2月には鳥羽三の丸のイラストを透かしに左三つ巴と七曜の二つの家紋をあしらったパターン(500円)も加わり、3種が販売されている。

鳥羽城跡の御城印

新しく登場した鳥羽城跡の御城印

購入は鳥羽市観光案内所と鳥羽歴史文化ガイドセンター、鳥羽市観光協会で。

三重鳥羽 旅のおすすめサイト


鳥羽市観光協会
【三重県】

鳥羽温泉郷
【三重県】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ