観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

荒湯でつくる生キャラメル 新たなスイーツが湯村温泉に登場

泉温高い湯村荒湯だからこその逸品

湯村温泉のシンボル・荒湯に唯一無二のスイーツが登場した。コンデンスミルク(練乳)を温泉に浸けて作る「荒湯生キャラメル」。女性客に好評で、湯村ならではのスイーツとして定着しそうだ。

荒湯生キャラメルは泉温が摂氏98度の荒湯だからこそできるスイーツ。高温で湯量がたっぷりある荒湯の湯壺に市販のコンデンスミルクをネットに入れて8時間ほど浸けておくと、トロトロの生キャラメルが完成する。

荒湯生キャラメル

女性に好評な荒湯生キャラメル

昨年12月には、テレビ朝日系の番組「ナニコレ珍百景」の中で荒湯生キャラメルが“珍百景”として認定された。珍百景は視聴者から寄せられたユニークな風景をゲストのタレントがジャッジするもので、番組では「想像しただけで食べたくなってきます」「温泉好き、甘いもの好きにはたまりません」と評価され珍百景に認められた。

生キャラメルを考案した同温泉の旅館「朝野家」の朝野泰昌社長は「珍百景に選ばれたことで湯村温泉を全国にアピールできたことがうれしい。湯村温泉に到着したら、まずは缶入りのコンデンスミルクを荒湯の湯壺に浸けておいて、ゆっくりと温泉やまち歩きを楽しんでいただきたいですね」。温泉街を流れる春来川畔の足湯に浸かりながら、生キャラメルを味わってほしいと呼びかけている。

兵庫但馬 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ