観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

食よし、寛ぎよし、散策によし さんぽう西村屋オープン/城崎温泉

地元にこだわり

城崎温泉の西村屋は2019年4月、飲食や物産販売の複合型施設「さんぽう西村屋 本店」をオープンした。温泉街の中心部にあたる西村屋本館隣接地で、温泉散策の魅力を高めている。

同店は、店の中央に配した吹き抜けの囲炉裏が目を引く「さんぽうダイニング」、西村屋が製造・開発したオリジナルブランドや地元の魅力ある商品を取りそろえた「さんぽうギフト」、但馬の風景を収めたフォトギャラリーの空間でスイーツやアルコール、コーヒーを味わえる「さんぽうサロン」で構成。

さんぽう西村屋

物販ギャラリーも

ダイニングでは、囲炉裏を使って客の目前で調理。食材は、自然農法で育てた地野菜や古代米の赤米、黒米、赤花蕎麦など可能な限り地域の生産者の顔が見えるものをそろえた。ランチメニューは日本固有原種赤花蕎麦の天ぷら御膳(1800円)や但馬牛御膳(2500円)、さんぽう御膳(3500円)。ディナーコースは但馬の恵み「望郷」(7千円)からおまかせ「宝珠」(1万3千円)などがある。

さんぽう西村屋

店内中央の囲炉裏が目立つダイニング

店名の「さんぽう」は、西村屋の心のルーツである「三方良し」の精神を表したものであり、湯宿の火とかまどの守り神として城崎温泉を守る三宝荒神への感謝の思いも込められている。

ランチ11時―14時30分、ディナー18―23時。サロンは飲食代を含み料金2千円が必要で10―23時に営業している。

兵庫但馬 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ