観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

温泉街を彩る竹灯籠 湯村温泉「夢ナリエ」今春も開催

夜の湯村を幻想的に

湯村温泉旅館料飲組合は4月1日―6月30日の期間、夜の温泉街を竹灯籠の明かりで彩るイベント「夢ナリエ」を実施する。

夢ナリエは宿泊客が落ち込む閑散期対策として昨年から始めたもので、昨年が好評であったため今年も継続する。会場は同温泉内の春来川沿いのポケットパーク・薬師湯湯けむり広場。

花やハート、湯けむりなど湯村温泉のイメージに合わせた様々な模様にくり抜いた青竹の中に、LEDを入れた灯籠を昨年の130個から150個に増やし設置する。温泉街を幻想的な雰囲気に演出する。期間中の毎日18時から22時まで点灯する。

同温泉では20年前から7月20日―8月20日の夜、縦2メートル、横2・8メートルあるジャンボ絵灯籠を春来川沿いに15基設置し、温泉街を鮮やかに彩る夏の風物詩として定着させてきた。夢ナリエは絵灯籠を設置するまでの間、夜の湯村温泉を演出するイベントして根づかせたい考えだ。

兵庫但馬 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ