観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

人との関わりが深まる下呂の新しい旅

まち磨きの成果がエコツアー

10年以上前、大分県が全国のタウン誌100社を招待し、県内10カ所の観光地を見てまわって各誌に掲載してもらう取り組みを行っていたことがある。

大分県と別府市、県内観光協会らが協力し、10年ほど続いた。10年の成果はタウン誌の記者らが集合場所の別府温泉に来るたびに地元の人たちに「ただいま」と言う親密な関係に表れていた。

記者は途中からの参加だったが、常連組に入れてもらった。そこで感じたのは、いくら素晴らしい温泉や観光素材があっても最終的には人との関わりを求めて人は旅をするということだった。それは、それぞれの観光地の担当者が地元を案内し、一緒に泊まるという仕組みを作り上げた賜物だった。当時の行政や観光関係者に改めて敬意を表したい。

そう思っていたところ、下呂市の全国エコツーリズム大会のエコツアーがそれをやってのけた。趣の異なる魅力を持つ市内5地区の観光素材を個性ある魅力たっぷりのコースに仕上げ、地域をこよなく愛する人たちがガイドについて回った。

2004年に5つの町村が合併してできた下呂市。当初は行政や地域住民が指向する横並び主義がはびこり、均一型の観光誘致に終始していた。それから16年。その間、関係者は地域住民一人ひとりと語り、理解を求めるという地道な活動を重ねてきた。

その成果が今回のエコツアーを生んだことになったのだと思う。もっとも細かい調整は必要で、さらに磨きあげたツアーにしていくことが求められる。しかし、その磨き上げたツアーを一般観光客はもちろん、下呂市の取り組みに共鳴する旅行会社とともに、こだわりのエコツアーとして成就してほしい。

シャワークライミング

下呂ではシャワークライミングも楽しめる

いまだに渦中だが、コロナ禍を経て従来型の大口団体はないかもしれない。ただ、中小旅行会社は親密な関係にある顧客を持っている。人との関わりが旅の醍醐味である限り、下呂市と中小旅行会社は協働できるはずだ。

タウン誌は当時のような勢いはない反面、元気な中小旅行会社はその役割を果たせるのではないかと思う。下呂温泉観光協会の瀧会長が常に話す「観光は地道な活動以外にやることはない」からだ。

今年4月に就任した山内登新市長は、観光協会が進めるエコツアーやSDGsへの取り組みに歩調を合わせた取り組みに注力すると話しておられる。官民一体となった下呂観光は今回の全国大会を機に、新たな一歩を踏み出した。

岐阜下呂 旅のおすすめサイト


下呂温泉観光協会
【下呂温泉】

水明館
【下呂温泉】

小川屋
【下呂温泉】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ