観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

アウトドアスポーツのメッカに 三好市がツーリズム化

ラフティングやウェイクボードに最適の環境そろう

徳島県三好市がスポーツツーリズムを推進している。スポツー分野でとりわけ力をいれるのが「アウトドアスポーツツーリズム」。いわずもがな、同市の武器は「大自然」。自然を活用して地域に賑わいを呼ぶ。近年はウオータースポーツの国際大会の誘致に成功するなど成果は如実に表れてきた。アウトドアスポーツツーリズムのメッカを目指し、三好市は突き進む。

豊かな森林に覆われ、その中で暮らしを営んできた同市。登山やハイキングといった山を生かした観光にも当然目がいくが、同市の大きな武器となるのが、四国有数の河川・吉野川が流れていることだ。上流は急流、下流は穏やかな水流と1つの川で異なる流れを持ち、それが幅広いウオータースポーツを楽しめる土壌となっている。

景勝地・大歩危を擁する上流エリアでは2017年にレースラフティング、下流では18年にウェイクボードの世界大会がそれぞれ開かれた。開催地に選ばれたことは、世界水準の環境が整っていることの証明。実際に大会開催者側からの評判もよく、大歩危周辺はラフティング体験プランが充実し、メッカとして賑わいをみせる。

大歩危・祖谷温泉郷では、旅館ホテルはもちろん路線バス、学校教育などの面でもインバウンド受入の整備が進む。インバウンド誘客に力をいれる地域にとってもアウトドアスポーツは大きな武器になる。ラフティングの盛んなオーストラリアをはじめ欧米豪からの来客誘致に有効な手段としてのアウトドアスポーツ。その成功事例として三好市に注目が集まる。

四国徳島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ