観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

地元産でつくる「緋色なグルメ」 甲賀市内41店舗で提供

食欲そそる多彩な赤

甲賀市を訪れたら、必ず食べておきたいのが「緋色なグルメ」。地元産のトマトなど赤い色をした素材で作る逸品を市内各所の店舗で提供している。

緋色なグルメは「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会が企画。観光客をもてなすことを目的に、店内での飲食のほか食べ歩きやドリンク、土産など緋色をテーマにした品をそろえている。参加店は11月27日現在、41店舗にのぼる。連続テレビ小説「スカーレット」の放送が終わってからも2020年9月30日まで「緋色なグルメ」は展開する。主なものを紹介していこう。

▽HERO,S☆CAFEの「選べるオムライスランチ」(1030円)は、養鶏場直送の有精卵と甲賀市産米みずかがみを使いふわふわトロトロの食感▽カフェレストラン・ラマンチャの「情熱の赤!トマトソースの煮込みハンバーグセット」(1485円)は、真っ赤なトマトソースで煮込んだハンバーグがまさに緋色なグルメ▽SORAの「すカレー豚(TON)」(1595円)は、信楽産の米を羽釜で炊き、甲賀市の玉ねぎを煮込んだスカーレットカラーのカレーにヒレカツをのせたスペシャルなカレー▽大河原温泉かもした荘レストラン幻想郷の「甲賀産トマトをふんだんに使ったピザ」(1540円)は地元産の真っ赤に熟したトマトがぜいたくなオリジナルのピザを提供している。

緋色なグルメ

緋色なグルメ

緋色なグルメ

緋色なグルメ

麺や焼肉、ピザなど多種多彩なメニューが
用意されている「緋色なグルメ」

まだある。▽レストラン山びこは特選黒毛和牛、薄焼き卵茶巾、地元野菜のしば漬け、19年コシヒカリ新米を使った「ひいろ丼」(1580円)▽ギャラリー&カフェOgamaは、スカーレット色を彷彿とさせる朝宮産の紅茶を使ったアレンジティーと自家製朝宮抹茶パウンドケーキのセット「緋色を楽しむプレミアムパウンドケーキset」(1400円)を土日のみ数量限定で提供▽うお喜は、地元野菜とエビが入った「緋色な特製キムチうどん」(980円)▽レストラン牛石の「近江牛の陶板焼定食」(3080円)▽マルポタ舎。の「緋色なあんみつ“アンシャンテ”」(850円)などもおススメの緋色なグルメ。

YAKUME BAKERYの「トマトソースピザ」(210円)は、トマトソースの緋色をベースに甲賀市産の玉ねぎとチーズがトッピングされている。食べ歩きにぴったりだ。

「緋色なグルメ」参加店とメニューの詳細はhttps://scarlet-koka.jp/で。

滋賀甲賀 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ