観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

滋賀県随一の酒どころ 甲賀市内9つの蔵が美酒製造

豊かな水と歴史が産んだ名酒の郷

甲賀市は滋賀県随一で酒造りが盛んなまち。県内の33の蔵元の約3割にあたる9つの酒蔵が甲賀市で営業している。

滋賀県=近江の国は、四方を山に囲まれ伏流水が豊富なことや、酒米づくりに適した気候と地形をもつ。その上、琵琶湖が中心にあり、上方と東国を結ぶ水陸の交通の要所だった。湖岸の町や東海道、中山道沿いの宿場周辺で多くの造り酒屋が栄えた。甲賀市に蔵元が多くある水口宿は、東海道五十次にあたる宿場町であり、水口城の城下町として古くから栄えたことが無縁ではないという。

市内にある9つの蔵元は美冨久酒造、滋賀酒造、藤本酒造、望月酒造、田中酒造、西田酒造、瀬古酒造、安井酒造場、笑四季酒造。それぞれ特徴のある酒を醸造している。

美冨久酒造ではNHK連続テレビ小説「スカーレット」をイメージした特別純米酒エカルラート(フランス語で緋色・スカーレットを意味する)を販売している。ラベルには、地元の商工観光団体などで組織する「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会で策定したキャンペーン用ロゴマークを活用。甲賀の地酒として幅広くドラマと地域を盛り上げている。価格は720ミリリットル1650円(税込)。

美冨久酒造

美冨久酒造で販売している
特別純米酒エカルラートはスカーレットをイメージ

美冨久酒造では酒造見学も可能。12—3月は酒造りを行っている蔵を間近に見ることができ、新酒の試飲も可。営業時間は10—18時。毎週木曜日休み。見学は要予約。電話090—4906—1549。

農事組合法人すごいえぇのう鮎河は、鈴鹿山系の伏流水と減農薬で栽培した鮎河米という、鮎河地区にこだわった「鮎河」を販売している。

滋賀甲賀 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ