観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

光秀、道三、信長の“道”をたどる/岐阜市

岐阜市には岐阜城周辺に光秀、道三、信長ゆかりのスポットが今も多く残る。市では「道三の道」「信長の道」「岐阜城攻略の道」などモデルコースを設定。大河ドラマ館からの周遊を勧めている。歴史の深掘りは実際に現地をめぐってこそ。三武将の息遣いを感じて歩く。

光秀ゆかりの地

岐阜城から少し離れたJR西岐阜駅近くにある立政寺。光秀と盟友・細川藤孝が、信長と後の15代将軍、足利義昭を引き合わせた場所だ。これを機に信長が義昭を奉じ上洛、天下取りへ突き進むことを考えると、“歴史の転換点”のひとつに。

立政寺

光秀、信長にゆかりの深い立政寺

岐阜市の北隣、山県市には、光秀の墓と伝わる「桔梗塚」がある。山崎の合戦でここまで落ちのびたという説も。

道三ゆかりの地

“下剋上”といえば斎藤道三。稲葉山城を本拠に美濃を治めた。光秀も仕え、のちに信長が発展させる現在のまちの礎を築いたとして、今も地元では信奉されている。

金華山麓に築いた城下町は「百曲通」「七曲通」など通りが今も残り、武家屋敷を分ける堀「梶川堀」などに往時の名残をみることができる。岐阜公園・信長の居館跡近くには道三時代の石垣も。

百曲通

道三の城下町時代から今も残る百曲通

七曲通沿いの常在寺は道三、義龍、龍興の斎藤家三代の菩提寺。道三と義龍を描いた国重文の肖像画も所蔵している。

長良川を越えると、道三が埋葬されている道三塚がある。今は整備され、石碑が建っている。低山、鷺山頂上には鷺山城址の碑が建つ。土岐頼芸が築城したが頼芸追放後は道三の隠居所に。

信長ゆかりの地

信長と言えば岐阜城だが麓には居館跡が残る。宣教師ルイス・フロイスが「地上の楽園」と評した地は発掘調査が進み、巨石列や石垣、金箔瓦、庭園が出土している。

道三塚近くの崇福寺は信長が菩提寺として保護。本能寺の変後、側室・お鍋の方が遺品を寺内に埋め、位牌を安置させた。信長・信忠の父子廟として残されている。

城下町を歩くと、道三の百曲通と七曲通の間に設けた新町が残る。長良川沿いの川原町は白木格子が続く町並みが残り、食や買い物、体験が楽しめる観光スポットに。

岐阜公園前には若き日の信長像、JR岐阜駅前には黄金の信長像が建ち、今も岐阜のまちを見守っている。

黄金の信長像

JR岐阜駅前に建つ黄金の信長像

岐阜市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ