観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

海路で行く 旅情豊かな松山へ(2) 石崎汽船も新造船

旭洋丸 誰もが楽しむ船旅

松山−呉−広島を結ぶ「瀬戸内海道1号線」で定期航路を瀬戸内海汽船と共同運航する石崎汽船も10月11日に新造船「旭洋丸」を就航させる。

全長62・6メートル、幅13メートルで、総トン数は875トン。定員は通常300人で、乗用車は35台積載できる。「シーパセオ」と同じく災害時対応に力を入れており、給水や送電ができる設備を搭載している。船内にはエレベーターやスロープなどバリアフリーにも対応。誰もが快適に瀬戸内海の船旅を楽しめる空間になっている。

石崎汽船は2020年夏にも新造船を導入する計画。同社と瀬戸内海汽船ともに旧船と入れ替わる形で新船を導入しており、2020年には新造クルーズフェリー4船が出そろい、「瀬戸内海道1号線」は新たな時代に突入する。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
四県四色、四国を彩る愛媛編 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ