観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「あいうえおの郷」構想 山代温泉、“50音”始祖にスポット、10月からツアー

新たな山代ブランドに

石川県・山代温泉観光協会は、新たなまちづくりのテーマとして「あいうえおの郷」を掲げて取り組みを進める。地元・薬王院温泉寺の住職だった明覚上人が現代の50音図の基礎を考案したことを生かそうというもの。ハード面の整備のほか、今秋からはガイドツアーもスタートさせる計画で、新たな山代ブランドの創出を図る。

「あいうえおの郷」構想は、北陸新幹線が敦賀まで開業する2022年度を最終年度とする「山代温泉新中期ビジョン計画」に盛り込んでいる。集客に向けたブランド力強化策として生かしたい考えで、温泉街にあるKKR跡地に明覚上人がテーマの観光施設の整備も計画。すでに薬王院温泉寺後方の薬師山には上人にちなんだ「あいうえおの小径」もあり、ブランディングは着々と進んでいる。

あいうえおの小径

温泉寺後方の薬師山には
「あいうえおの小径」も

10月1日からは明覚上人と「あいうえお」考案にスポットを当てたガイドツアーを実施する。同観光協会が実施しているガイドツアー「おもしろやましろまち歩き」の1コースとして、「あいうえお50音図と明覚さんを巡る」をテーマに設定した。

総湯から薬王院温泉寺、源泉足湯をめぐるもので、地元ガイド「ヤタガラス」が案内を担当。通常は見ることができない同寺の宝物の拝観や、「明覚読本」の配布、心願成就の護摩木の奉納といった特典も付く。

山代温泉総湯

山代温泉の観光拠点「総湯」が
ツアーのスタート地点

時間は10時からの約1時間30分。ガイド1人につき2―15人に対応する。記念企画料金として1人1千円。申し込みは同協会 電話0761―77―1144。

同協会ではこのツアーを19年末までの設定としているが、次年度以降も継続し、定着させたい考え。

追加オプションとして、梵字によるネームプレートづくりや、「あいうえおのお宝を探せ!」と題した謎解きオリエンテーリング、インバウンド対象企画などを検討しており、先々のために観光プランを強化していく計画だ。

北陸石川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ