観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

【番外編】滋賀県旅館組合が博多の美味を堪能(2) 間髪入れずに食べまくり

「旅行業の原点のようなツアー」

宿泊したヒルトン福岡シーホークでビュッフェスタイルの朝食をとって間もないが、博多の台所「柳橋連合市場」へ突撃。福岡市内の料理人らが買いつけに来るほど新鮮かつ豊富な食材がそろう市場で、全長100メートルほどのアーケードに約50店舗が軒を並べる。この市場の魅力は買い食い。それぞれ店を選んで、総菜や刺身などを物色。店舗に併設する食事場所や店先で舌鼓を打つ。

柳橋連合市場

買い食いが好評だった柳橋連合市場

間髪入れずに昼食。地元でとれた無農薬、有機野菜などを厳選して使うガストロミーを実践するフレンチガストロミー「エルミタージュ」を訪問。これまでとは少し毛色が異なり、ワインとともにフレンチをじっくりと味わった。

今回のエクスカーションは、企画担当者が直接情報を探り、通常のツアーでは訪れることのない店を見つけ出して組んだという。長浜満月とエルミタージュは定休日だったのを交渉して開けてもらったとも。

参加者の一人は「我々を楽しませようという旅行業の原点のようなツアーだった」と、お腹をさすりながら話していた。

(前の記事)【番外編】滋賀県旅館組合が博多の美味を堪能(1) 全旅連全国大会後に食べ歩き

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ