観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

春の観光シーズン開幕! 茨城県で艶やか花紀行(2) 国営ひたち海浜公園・ネモフィラ

450万本の花々が一面に インスタ映えスポット

茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園が花の季節を迎えている。

早春の菜の花からスイセンへ、そして、例年4月からゴールデンウィークにかけてチューリップ、ネモフィラへと花のリレーが続く。

なかでも近年大人気なのがネモフィラ。450万本のネモフィラが丘全体を覆う光景はなんとも印象的だ。多くの画像が来訪者のSNSで発信され、年々訪れる人が増え続けている。

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園のネモフィラ群
(国営ひたち海浜公園提供)

写真映えのよさからSNSで人気の景色といえば、大洗海岸の神磯の鳥居もそう。磯に立つ海の鳥居として知られ、足もとが波に洗われる様子などが多数ウェブ上にアップされている。

神磯の鳥居

神磯の鳥居

この2つの写真スポットが、車で20分ほどの距離にある。

(次の記事)春の観光シーズン開幕! 茨城県で艶やか花紀行(1) つくば霞ヶ浦りんりんロード・桜のトンネル

茨城県花紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ