観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

味覚で体感「おかざきめし」 うどんの味噌&もろこしに、甘味や鮎も

「もろこしうどん」「くずもちバー」 ユニークな味わい

岡崎市は八丁味噌をはじめ古くから個性的な食文化が根付き、今も料理人たちの研さんとアイデアで多彩な味わいが生み出されている。その名も「おかざきめし」。岡崎家康紀行は食文化を体感してこそパーフェクトなものになる。

まずは、なにはなくとも八丁味噌メニュー。グツグツと煮えた味噌煮込みうどんをすすり、三河産の豚を使った味噌カツを豪快にほおばる。八丁味噌を使った新メニュー「岡崎まぜめん」も含めて、三河に来たことを実感するには欠かせない存在だろう。

2020年に実施された「おかざきめし総選挙」で1位を獲得したのが「もろこしうどん」。とろみのある和風だしと溶き卵、コーンが絡んだ味わいは岡崎の新名物として注目を集める。

もろこしうどん

おかざきめしで人気を集める「もろこしうどん」

岡崎のブランド鶏「岡崎おうはん」は弾力ある歯ごたえと十分な旨味。ワンハンドで食べられる「おかざきカレーパン」は街角で味わえる手軽さが人気に。

甘味も「おかざきめし」にエントリー。西三河で雛祭りの際に味わう「いがまんじゅう」、葛餅を凍らせた「くずもちバー」のほか、城下町の甘味処を集めて「家康公スイーツ」をアピールするなど、旅のお供に甘味という流れが岡崎にはできあがっているのだ。

中山間地域に行けば、地元産の米「ミネアサヒ」とアユを使った料理を提供する食事処が並ぶ「おかざき鮎めし街道」が岡崎の食ブランドの地位をさらに引き上げる。

愛知県岡崎市 徳川家康観光に関するお問い合わせ

どうする家康 岡崎 大河ドラマ館
〒444-0052 愛知県岡崎市康生町561-1
電話0564–25–1883

岡崎市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ