観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

全国のソースかつ丼が集結 駒ヶ根で10月27、28日にフェス開催

駒ヶ根のソウルフード ファンや店主が“愛”語る

駒ヶ根市の名物料理「ソースかつ丼」。地元食事処で草の根的に広まり、今や県外からも多くの人が味わいに訪れる人気メニューになった。今年は、地元店舗でつくる「駒ヶ根ソースかつ丼会」の発足25周年を記念し10月27、28日に「ソースかつ丼フェスティバル」を初開催。県内外のソースかつ丼が集結、実演販売やファンミーティング、提供店主による座談会など「ソースかつ丼愛」に満ちた2日間だ。

フェスは両日とも11時から駒ヶ根高原の駒ヶ根ファームスで開催。ソースかつ丼によるまちおこしが始まって四半世紀という節目の年に、同じくソースかつ丼を名物としている福島県会津若松市、群馬県前橋市、埼玉県秩父市、長野県伊那市からも名店が出店、実演販売を行う。

駒ヶ根のソースかつ丼はキャベツを敷いたご飯の上にたっぷりのソースにくぐらせた揚げたてのカツを乗せ、豪快にいただくもの。会津若松もこのスタイルで、前橋はひと口サイズ、秩父は大きな「わらじカツ」。各地の味わいを食べ比べするまたとないチャンスとなる。両日とも開催時間中ブースが並び、入場は無料。かつ丼は半人前で1杯600円。

駒ヶ根ソースかつ丼

駒ヶ根名物「ソースかつ丼」

ファンミーティングは27日の13― 14時に開催。ソースかつ丼を食べ歩いているファンがソースかつ丼への熱い思いを語り合うトークセッション。

続く28日の13―14時は「かつ丼屋のおやじ座談会」。全国の提供店舗の店主が集い、かつ丼にまつわる地域の事情について放談を行う。各地のソースかつ丼の誕生に係わる秘話や、名物に至るまでの道のりも語り合い、交流を深める。

そのほか、駒ヶ根をはじめとする長野県上伊那地域の食が集う「上伊那グルメフェス」も開催。伊那のローメンや地元のお酒をはじめ上伊那の食文化を堪能できる。

フェスは27日が11時、28日が10時にスタート。

信州 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ