観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

みかわdeオンパク、12月24日まで 食や自然の体験プログラム

三河を遊べ

蒲郡市を中心とした三河広域エリアを舞台に「みかわdeオンパク」が10月1日から始まる。食や自然、アートなど今回新たに31プログロムが登場し、地域性豊かな体験プログラム92種類を12月24日まで展開する。

オンパクは「温泉泊覧会」を意味するもので地域活性化の成功モデルとして各地で展開、蒲郡市では2011年にスタート。13年には三河エリアに対象地域を拡大し、岡崎市、西尾市、東三河全域、南知多町など12市町で実施、今年で7回目を迎える。

体験プログラムは「イベント・祭り・スポーツ」「食べる・飲む」「クラフト・芸術」「知識・学び」「ヘルス・ビューティー」の5分野で設定。「イベント―」では、「GO!GO!三河湾クルーズ」や、おもてなしコンシェルジュが案内する竹島ウォーキング、今年の大河ドラマに合わせてグレート家康公「葵」武将隊による「井伊の赤鬼」特別公演、蒲郡市の海辺の文学記念館に着物を着て訪れる“細雪ごっこ”、50フィートの大型ヨットで三河湾を約60分間周遊するプレミアムヨットクルーズなど、地域ならではのツアーや祭典が並ぶ。

佐久島

「三河湾クルーズ」で佐久島へ。
海とアートと島文化に浸る旅に出よう

「食べる―」は蒲郡温泉郷の旅館女将による「女将スイーツカフェ」のオンパク版や、西尾市の抹茶街道を歩き抹茶スイーツを楽しむ体験、「西浦・形原ぶらりB級グルメ食べ歩き」、「たまごかけご飯食べよう会~ランニングエッグ」、三河特産のタコの調理体験といった食の魅力を伝えるプログラムが目白押しだ。

「クラフト―」では活版印刷で名刺づくり、「知識―」では家康公ゆかりの地を1日めぐるバスツアー、「ヘルス―」では竹島でのヨガ体験や東栄町での手づくりコスメ体験など、こだわりのプログラムがそろう。

参加はウェブサイト(http://taikenplan.jp/)から要予約。

愛知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ