観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

修学旅行の体験充実 松山市、「俳句」素材をアレンジ

修旅先としての存在感アップ 入門講座や「はいく」で学ぶ

松山市は近年、修学旅行の誘致に積極的だ。広島から約1時間の海路を活用した「新ゴールデンルート」や俳句、島文化といった、ここだけの体験を充実させ、誘致実績は2005年の0校から16年度は過去最高の64校、約1万人の中高校生が訪れるまでになった。

なかでも、松山ならではの体験として、俳句体験がある。俳句入門講座を受けた後、松山・道後を散策しながら俳句を詠む。散策中は俳句ガイドのサポートがあり、初心者でも楽しむことができる。その後、夕食の宴会場で、俳句の講師が巧みな進行で先生や生徒の俳句を楽しく評価することで会場が笑顔に包まれ、生徒の隠れた才能も発見できるという。

また、松山市内には俳人「正岡子規」をはじめとする歴史的・文化的資源がまちなかに点在している。それを、修学旅行の班別研修専用ガイドブック「瀬戸内・松山修学はいく」を手にめぐることができる。市内中心部が一目で分かる地図、班別研修用の市内散策モデルコースや、市内電車を使い、サイコロの出た目で名所を回る企画などが、掲載され、充実した内容となっている。

このように、松山市が用意する修学旅行の体験メニューは、独自の地域資源を教育的視点から磨き上げたもの。多様なメニューをアレンジしながら、学校の希望に沿うメニューを提案する。教育旅行先として注目され始め、参加生徒の満足度も高いという。

四国愛媛 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

京都大阪信州伊豆へ春花紀行

野山に花々が色をつけると春の観光シーズンの開幕だ。艶やかな色合いは春らしい躍動感を伝え、旅人の...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ