観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

鉄旅ノスタルジー DC展開山陰巡る(2) 鬼太郎・出雲大社・「あめつち」

「鬼太郎列車」と新観光列車で風土を堪能

このあと、今夏に開山1300年祭が行われる大山へ。大神山神宮奥宮まで登り参拝した。

2日目は、米子駅―境港駅間はラッピング列車「鬼太郎列車」で移動。同列車は1993年の登場から25年。このほど5回目のリニューアルを終えたばかり。境港では、山陰DCに合わせて「水木しげるロード」などが再整備。松江市では堀川遊覧に乗船して、松江城にも登城。宍道湖が見渡せる松江ニューアーバンホテルに投宿した。

3日目は、出雲大社参詣から。平日にもかかわらず女性、外国人の参詣者が多い。昼食は名物の出雲そば。初夏の暑さに箸が進んだ。出雲市駅から松江駅まで観光列車「あめつち」に乗車。7月1日からの定期運転前の試乗だ。

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」に似たレイアウトの車内では、車内販売もテスト営業。「日本酒の花かんざしはすっきりとしていて飲みやすいです」と、アテンダントの前田裕美さんに勧められ一献。定期運行時は、出雲市発の列車で食事と一緒に提供するそうだ。DCにあわせ「山陰めぐりパス」を設定している。

※「平成30年7月豪雨」の影響で7月12日時点で列車の運転を見合わせている路線がある。運行情報の詳細はJRおでかけネット(https://www.jr-odekake.net/)で確認を。

あめつち

「あめつち」に乗車

(前の記事)鉄旅ノスタルジー DC展開山陰巡る(1) 「サンライズ出雲」で島根安来へ

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ