観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

サイクリング王国わかやま ロードや宿-受入整備着々と進む

サイクリストうならせる環境武器に サイクルステーションも充実

和歌山県は観光ブランディング策として「サイクルツーリズム」を推進している。太平洋を望む海岸線、森林と渓谷美、田園風景など「水の国」ならではの自転車観光に適した景観を武器に、ロードの整備をはじめサイクリストの受入態勢を強化。「サイクリング王国わかやま」の魅力を全国に発信している。

自然豊かな和歌山県内には大型バスや鉄道では行けないが、“インスタ映え”や爽快な空気などを感じられるスポットが点在する。サイクルツーリズムの推進は、こうしたエリアへも行ける自転車を使った観光を振興することで、集客力の弱い地域にも観光客を誘導し、周遊を促進しようというのがねらいだ。2016年度から川辺のエリアでのサイクリングロードの整備や、県内各所にバイクラックの設置や応急修理のための工具の貸し出しなどを行うサイクルステーションを設置したほか、イベントも展開するなど「王国」への足場を着々と固めてきた。

円月島

白浜・円月島へも自転車で

17年8月にはサイクリングロード「ブルーライン」の愛称を「WAKAYAMA800」に決定。整備しているロードは約800キロにおよび、滋賀県の「びわいち」などのように定着を目指せるよう、親しみやすいネーミングにした。さらに「8」を横にすると「∞(無限大)」となることから多彩なサイクリングが楽しめる地という意味も込めた。あわせて女子旅などをターゲットにした映像も制作するなどブランディングに余念がない。

WAKAYAMA800

「WAKAYAMA800」のポスター

今年3月19日には、自転車を客室に入れることを可能にしたり、修理道具を貸し出すサービスを整えた「サイクリストに優しい宿泊施設」を認定。現在48施設が登録されており、引き続き認定申請を受け付け、拡大を図る。サイクルステーションも増加し続けており、受入側の姿勢も整ってきた。

「サイクリング王国わかやま」専用サイトも開設。川沿いを行く紀の川ルート、南紀の海岸線を走る串本―白浜ルート、那智の滝ヒルクライムルートなど「水の国」プロジェクトと連動したルートをはじめ各サイクリングロードを紹介している。URLはhttp://wave.pref.wakayama.lg.jp/cycling/

和歌山 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ