観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

極楽浄土をこの世で拝む 善光寺東海別院/稲沢

名物「戒壇めぐり」 イチョウ観光にあわせ名刹へ

祖父江を訪れたら、善光寺東海別院も旅に加えよう。信州善光寺から「善光寺如来」の分身を迎え、明治時代に創立された名刹だ。本堂や絵解きなど見どころは十分だが、なかでも名物は「戒壇めぐり」。「極楽浄土をこの世で拝める」と評判を集めているのだ。

本尊の善光寺如来の真下に極楽浄土の様子を再現。中央に阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩、十六観菩薩が安置されるなど豪華絢爛かつ荘厳な空間が広がる。念仏を称えながら瑠璃壇の下の暗闇を回ることで善光寺如来と縁を結び、善根を得たい。

善光寺東海別院

善光寺東海別院の「戒壇めぐり」

拝観料は大人300円、小人150円。問い合わせは、同院 電話0587―97―0043。

愛知 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ