観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

ユネスコ世界ジオパークとは

室戸は11年に認定

「ユネスコ世界ジオパーク」は、世界的に貴重な地質、地形、火山などの地質遺産を複数有する大地の公園。

ユネスコの支援で2004年に設立された世界ジオパークネットワークは、2015年にユネスコの正式事業となりそれからはユネスコによって審査・認定がなされている。日本国内では室戸のほか、9カ所がユネスコ世界ジオパークに認定されている。

認定には、地質遺産の保護とともに、地域の防災教育や科学振興、新たな観光資源として活用し、地域社会の活性化に生かすことが求められている。

一度認定されても4年ごとに再審査が行われ、適正や活動度がチェックされる。

室戸は、11年9月に国内5件目の世界ジオパークに認定された。

高知県室戸ユネスコ世界ジオパーク 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ