観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

温泉王国・熊本をアピール「くまもっと湯美人」

タマゴ肌、もち肌…美肌効果

温泉王国・熊本で美人に―。熊本県と熊本県観光連盟は1月10日、美肌作用を促す泉質が多いとされる県内の温泉をアピールする新ブランド「くまもっと湯美人」をスタートさせた。「熊本には美人が多い」「熊本で温泉に入ると美人になる」と高らかに宣言。熊本の温泉の魅力を美容の面から売り出していく。

「くまもっと湯美人」のターゲットは、もちろん女性。湧出量と源泉の総数が全国5位と全国有数の“温泉県”である熊本県内の温泉には、弱アルカリ性単純温泉や硫黄泉など美肌作用を促す泉質が多いことから「美容・美肌」の面でアピールし、誘客につなげようと企画した。

同日県庁で開いた記者会見には、蒲島郁夫・熊本県知事と県内の温泉旅館の女将らが出席。熊本の温泉の魅力をPRした。

くまもっと湯美人

「くまもっと湯美人」について会見する
蒲島知事と温泉旅館女将の皆さん

新ブランド立ち上げに伴い、3月末までキャンペーンを展開。「つるっとタマゴ肌」「ぷるぷるもちもち肌」など効能に応じて県内を10ブランドに分け、温泉や食の情報を掲載したガイドブックを発行した。各地で使えるクーポンも付く。関西以西の道の駅などで5万部を配布するほか、2月には「くまもっと湯美人」特設サイトも開設するなど情報発信に注力し「熊本県=美容の温泉」の全国区化を目指す。

いだてん紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ