観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

温泉ならでは 新名物「山鹿ジーンズ」

温泉水を使う 泉質が仕上げに最適

2018年9月、山鹿温泉に新しい名物が誕生した。それは「ジーンズ」。温泉地のイメージと一線を画すものだが誕生には温泉地だからこその発想が関わっている。

「山鹿ジーンズ」は、旅館清流荘の平井英智社長らが地域おこしに生かそうと考案。熊本県内で縫製までを行い、山鹿温泉で布地を洗って完成なのだが、最終工程のデニムのウォッシュに弱アルカリ性の水が使われることを知り、山鹿温泉の泉質が最適と、温泉水を使うことに至った。

山鹿の温泉水で洗うとほどよい色合いと柔らかみのある風合いに。追い求めていた「山鹿温泉ならでは」が実現し、購入者からの評判も上々だという。販売は市内の雑貨店「すみや荒物店」で。

山鹿ジーンズ

温泉水で仕上げた風合い
が人気の「山鹿ジーンズ」

いだてん紀行 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ