観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「国生みの島」淡路島に迫る

日本最古の神社や人形浄瑠璃 神話ツアーへ

淡路島は「国生みの島」と呼ばれる。古事記や日本書紀に国土創生の神、イザナギノミコトとイザナミノミコトが最初に生んだのが淡路島と書かれているからだ。今も島内各所にその神話を伝える地が点在。神々宿る神秘の島・淡路島の神髄に迫ることができる。

日本最古の神社と呼ばれる伊弉諾(いざなぎ)神宮、神話に登場する「おのころ島神社」や絵島、沼島などで神話ツアーに出かけてはどうだろう。

また、淡路島の伝統芸能「淡路人形浄瑠璃」ももともとは神事。イザナギノミコトとイザナミノミコトの心を慰めるために奉納されたものがはじまりとされ、国生み神話と深い関わりを持つ。大阪の文楽などもこれを起源にしており、今も島内では脈々と受け継がれている。「淡路人形座」でその500年の伝統をとくとご覧あれ。

淡路島観光に関する問い合わせ

淡路島観光協会
電話:0799−25−5820
HPアドレス:www.awajishimakankou.jp

兵庫県淡路島 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ