観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

島人が勧める“とって隠岐”(4) 隠岐の海は多様な美しさ

海士町「あまんぼう」で行く 生き物も色彩も毎日違う

新潟県糸魚川市出身の金子友萌さんは海士町観光協会に就職して3年。海中展望船「あまんぼう」でガイドとして活躍している。「海の中は毎日違います。モノトーンだった初春の海が徐々に色づき始め、初夏に卵からかえった小魚が夏は群れになり、一気に色鮮やかになるんです」。

大学生の時、卒業制作の一環で中ノ島を初めて訪れ、観光協会スタッフにスカウトされた。「もともと田舎育ちなので、島に就職することは抵抗ありませんでした」。以来、不便なこともあるけれど自然と近しい島暮らしが気に入っている。

海士町観光協会金子友萌さん

海中展望船「あまんぼう」の
ガイドとして活躍する金子さん

あまんぼうのガイドは船酔いするので不安だったが、海の美しさに不安はふっ飛んだ。ダイビングも始めた。

「夏はナイトクルーズが楽しみ。夜光虫がきれいで、甲板に出ると満天の星空。島に泊まって乗りに来てください」。乗船料は大人2千円だ。

話を聞いた後、菱浦港から西ノ島へ向かった。船から桟橋が見えなくなるまで、金子さんはずっとずっと手を振ってくれていた。

島根隠岐 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
世界が認める孤高の島・島根隠岐へ 記事一覧
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ