観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

歴史に浸れ、和倉の“別の顔” 古刹2寺に天皇家の「御便殿」/和倉温泉

心に染み入る威厳と静寂 青林寺と信行寺

石川県和倉温泉の楽しみ方は様々だ。温泉街で足湯でゆっくりしたり、高台から能登島の風景に心を癒したり。散策やサイクリングでのんびりと楽しむのがいい。そのなかの魅力の1つが、歴史。まちなかには独自の歴史を刻んできた建物が点在、一般的なイメージと異なる「和倉の別の顔」をのぞいてみるのもいいだろう。

なかでも注目は、天皇家ゆかりの名刹だ。青林寺と信行寺には天皇家が訪れられた際の休憩所「御便殿(ごべんでん)」が設けられており、天皇宿泊にふさわしい豪華で威厳に満ちた雰囲気が今も残る。

天皇家を初めて和倉温泉が迎えたのは明治42年(1909年)。その宿泊場所として御便殿を建設、大正天皇や昭和天皇が宿泊された。寝室の和室は「折上格天井」という格式高い構造が用いられているほか、開放的に眺められる庭園の風景も見事のひと言。のちに本殿を青林寺に、便殿を信行寺に分けて移築された。

青林寺

青林寺の便殿から望む庭
園美と威厳は見事の一言

青林寺では、蔵も必見。正面階段に続く一本道の傍にたたずむ古い建造物で、夕方にはオレンジの街灯に照らされ、趣が増すという。

信行寺に移築された便殿は主に侍従者の宿泊施設として使用。清澄な空気の中で静かな時間が流れている。

信行寺

侍従者の宿泊施設として使った信行寺の便殿

両寺では希望者は見学が可能。和倉温泉観光協会によると、近年は若い女性客が増え、30分程度、庭を見ながら瞑想して時間を過ごすというスタイルが多いという。

青林寺では2019年春から座禅、写経体験を始める予定。料金は1人1300円。

北陸石川 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ