観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

目指せフラの聖地 鳥羽で19年7月にフェス開催

伊勢志摩国立公園の環境生かす 今年はプレ開催

鳥羽を日本一のフラダンスフェスティバル開催地に―。鳥羽市で今年3月、「鳥羽フラ2018」が開かれた。これはあくまでプレ開催との位置づけで、本格的な開催は来年7月を予定。鳥羽の新しい魅力として“ハワイアンムード”を演出する考えだ。

鳥羽市観光協会では、伊勢志摩国立公園内の豊かな自然や温暖な気候という地域特性を生かした新しいブランディングとして「フラ」に着目。鳥羽を日本のフラの聖地に、毎年日本トップクラスのフラ愛好家が集うフェスティバルに育て上げようと、第1弾として今年春にイベントを開催した。

今年の「鳥羽フラ」は、鳥羽市民文化会館をメーン会場に開催。ソロダンサーの競技会や合同発表会、本場ハワイからゲストを招いてのショー、ハワイ文化を学ぶワークショップなどフラにまつわる多彩な企画を催した。

鳥羽フラ

鳥羽にハワイアンムードを演出

本開催の位置づけとなる来年は7月25―29日に開催する。三重県サンアリーナを会場に、1万人の集客を目指す計画で、これを足掛かりに息の長いフェスに育てていくという。

三重伊勢志摩 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ