観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

食事処全席がイステーブル席、利便性を向上 橋立大丸/宮津

天橋立観光の立ち寄りの定番 誰でも快適に

橋立大丸は「飛龍観」の文珠地区、「昇龍観」の府中地区という二大景観スポットにある、食事処とお土産店を備えたドライブイン。天橋立観光の立ち寄りの定番だ。

文珠地区には天橋立への入口、文殊堂門前通りに本店、府中地区にはシーサイドセンターが居を構える。

両店とも食事処では海の幸を中心に丹後の味覚が味わえ、団体用に各種御膳や寿司やカニ、ステーキなどの食べ放題メニューを用意している。土産物コーナーでは丹後の旅の思い出となる逸品がずらりと並ぶ。

両店とも近年は来店客の利便性、快適性の向上を図ろうと、食事処のバリアフリー対応に注力。本店では2階を「和モダン」の落ち着いた空間にして、和風イス席92席、グループ席12席、2階広間を旧来の座敷からイス・テーブル席に変更して個室イス席にも対応している。

シーサイドセンターでは2階レストランは250席全席がイス・テーブル席。1階ビューホール300席、同レストラン100席とあわせて、施設全体で650人が収容できる。

いずれの施設もイス・テーブル席で、シニアを中心としたツアー客から好評だという。

北近畿但馬丹後 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ