観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

サイクルツーリズム始動 茨城県南部「つくば霞ヶ浦りんりんロード」を走る(2)

筑波山を登り下り霞ヶ浦へ スロー・サイクリングで過ごす週末

ここまででちょうど半分の20キロ。一行はここで自転車を下り、サポートバスで、つくば山腹のロープウェイ乗り場に向かった。勾配のきつい登りが続き、これをヒルクライムしたら、かなりきつそうだ。ただ、レンタル自転車には電動アシスト自転車Eバイクもあり、走力に自信がない人や、ヒルクライムを試してみたい人にはお勧めだ。

中腹のロープウェイステーションから、筑波山頂まで登り、帰りは15分ほどハイキングした先にあるケーブルカーで山腹の筑波神社まで降りた。近くに数軒の旅館があって、宿泊先の筑波山ホテル青木屋では露天風呂や、露天風呂付き客室からの関東平野の眺望を望んだ。南の方角に80キロほど離れた東京スカイツリーが見えた。筑波山での宿泊はスロー・サイクリングをよりおいしくしてくれるスパイスだった。

筑波山眺望

筑波山中腹のホテルからの眺望

筑波山眺望

筑波山中腹のホテルからの朝焼け

翌朝は雨になりそうな曇り。再び自転車にまたがり、ホテル前から麓まで快適にダウンヒルして再び自転車道に戻った。霞ヶ浦までは残り半分の20キロ。途中、レンコン畑に興味を引かれた。このあたりの主要農産物だそうだ。泥の池に棒が無造作に刺さっているのは見えていたけど、「このあたりにレンコン畑が広がっています」と教えられなかったら、耕作放棄地だと思い続けていただろう。食用の蓮は、白い目立たない花を咲かせるそう。これも見てみたい。

少しずつ街に近づき、土浦駅近くの線路をくぐって霞ヶ浦の港に出た。待っていた観光船に自転車と一緒に乗りこんで、霞ヶ浦を少しだけ遊覧して、同じ港に戻った。年に数回、「サイクルーズ」として自転車ごと違う港まで運んでくれるイベントが行われている。定期運航やイベント以外でのグループ予約への対応が検討されている。

つくば霞ヶ浦りんりんロード

霞ヶ浦沿いを走る参加者

今回走ったのは、「つくば霞ヶ浦りんりんロード」全長180キロのうち、岩瀬駅から土浦駅・霞ヶ浦までの40キロ。小学生中学年以上なら1日でたやすく走りきれるだろう。自転車専用道で、車を心配しないで安全に走れるメリットも感じた。家族で楽しい週末を。

(前の記事)サイクルツーリズム始動 茨城県南部「つくば霞ヶ浦りんりんロード」を走る(1)

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ