観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

三保松原に観光拠点「みほしるべ」 展示施設や足湯を整備

世界文化遺産・富士山の名所を深く楽しむ

天女の羽衣伝説で知られる三保松原。三保半島の沿岸に5キロにわたり続き、世界文化遺産「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産でもある。

富士山から45キロ離れていながら、構成資産となった三保松原は、万葉の時代から富士山とセットで和歌に詠まれ、曼荼羅図や浮世絵に描かれてきたことが、信仰の対象と芸術の源泉として評価された。

三保松原

三保松原から望む富士山

2019年3月、松林の中央付近、天女が舞い降りたと伝わる「羽衣の松」の近くに、三保松原の魅力を紹介する「みほしるべ」(三保松原文化創造センター)がオープン。館内には、三保松原と富士山の景観や、富士山とのつながりを映像で紹介するコーナー、羽衣伝説、芸術、歴史を学べる展示室などがある。松と日本文化、松原保存の取り組みを紹介するコーナーも。屋外には散策する人に休んでもらおうと足湯も設けた。入館は無料。年中無休で開館時間は9時―16時30分。

みほしるべに近い松林には、富士山方向に500メートルにわたって遊歩道が整備されていて、その先には自転車専用道もある。みほしるべを三保松原の玄関口に、散策で、サイクリングで白砂青松と富士山の眺めを楽しみたい。

静岡市 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ