観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

明治から神田を見てきた ニコライ堂

正教布教の拠点に 国重文に指定

ニコライ堂は、正教会の大主教ニコライが1891年に完成させた。ニコライは幕末の1861年に、函館のロシア領事館付属聖堂の司祭として来日、その後、日本での正教布教の一環で神田駿河台にニコライ堂を建設した。設計はジョサイア・コンドルが担当した。

ニコライは日本語や日本文化への造詣が深く、この地を選んだ理由の1つに、神田駿河台という地名があったと言われる。神田の神の文字を、正教布教の拠点としてふさわしいと考えたと伝わる。

立地のもう1つの理由が標高35メートルという高さ。駿河台は江戸時代に高所で見晴らしが良かったことから常火消の屋敷が置かれた場所。もともと教会は、信仰に迷う人々がすぐに訪ねられるようにと、目立つ場所に建てられることが多いそう。今でこそビルに囲まれたニコライ堂だが、建設当時、大地に立つ白亜の教会は、建築の珍しさも手伝い、多くの人の目に関心を持って見られたに違いない。

ニコライ堂

国重要文化財にも指定されている
ニコライ堂

漆喰の外観からは分かりづらいが、建物はレンガ造り。関東大震災でドームなど一部が崩壊、消失したが、その後、修復され1962年に国の重要文化財に指定されている。

毎週日曜日には信者が集い、礼拝と合唱団による歌が披露される。

東京神田界わい 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ