観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

【番外編】上海撮影隊がゆく フォトツアーで魅力再発見、ファンが情報発信(2)

新しい視点を持てばより上海のとりこに

白川さんは「ウォルドルフアストリアホテル」のバーにある34メートルのカウンターの窓から見える外灘の景色に「100年の歴史を誇るホテルと最先端のビル群が何の違和感もなく時間を共有している」ことを感じた。

外灘

窓から見た外灘の風景
(撮影:白川しずか)

寺井さんは上海最古の寺院「龍華寺」で深々とお辞儀をして祈る人たちに魅了され、「BARキャプテン」のテラスから見える外灘の夜景の虜になった。「ウォルドルフアストリアホテル」でのゆったりとした時間の流れ、西洋と東洋が混在したインテリアなどに刺激を受けたという。

龍華寺

龍華寺での祈りの光景
(撮影:寺井造美)

佐藤さんは「グルメやファッション店が所狭しと軒を連ねる田子坊で、宝探しをする少年のようにワクワクしながらシャッターを切った」。初めて訪れた「新場古鎮」の白壁と黒い瓦屋根の伝統的な建屋や地元の食べ物、衣料品の販売などを通して地元が放つ「光」を感じ取った。「豫園」のお茶屋で欧米人のカップルが仲睦まじく見つめ合いながらお茶を飲んでいる姿に、憧れの気持ちを凝縮させた。

欧米人カップル

お茶屋で見つめ合う欧米人カップル
(撮影:佐藤賢一)

本堂さんは「今回5人は新たな目で見た上海の面白さ、美しさ、楽しさのとりこになってしまいました。少しでも上海の魅力をお伝えできれば幸いです」と話している。

(前の記事)【番外編】上海撮影隊がゆく フォトツアーで魅力再発見、ファンが情報発信(1)

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今旅

JR御茶ノ水駅からスポーツ用品店街、古・書店街、明大通りの楽器店街など専門店街を歩く旅...

今旅

新宿区の新宿四谷旅館協同組合から、四谷駅から新宿三丁目駅までを歩く東京観光の提案...

今旅

信州DC後も信州南部、中央アルプスと南アルプスに抱かれた長野県駒ヶ根市は秋冬の話題が豊富...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ