観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

夜の温泉街は提灯片手にそぞろ歩き 「灯すやまなか」

温泉街を回遊し特典も

石川県・山中温泉観光協会では、宿泊客に提灯を貸し出し、夜の温泉街散策を楽しんでもらう「灯すやまなか」を実施している。提灯を持って参画飲食店を訪れると特典も。夜の山中を歩けば、風情に、飲食にと新しいまちの魅力に気づかされるはずだ。

山中温泉は昼間こそ温泉街散策で賑わうが、夜は店舗の大半が早めに閉店するため日帰り利用にとどまることが多いことが近年の課題。今回は夜の温泉街を歩く魅力を強化し、回遊性を高めることで宿泊客増につなげようと企画した。

宿泊客への限定企画で、コンセプトは「旅人をもてなす憩いの灯りたち」。宿泊する旅館ホテルでお椀型のオリジナル提灯を貸し出し、夜の散策が楽しめるほか、提灯の灯り自体が温泉街の風情を高めるひとつのパーツに。皆で夜の温泉情緒を作り上げ、楽しむ参加型のイベントといってもいいだろう。

灯すやまなか

提灯を持って温泉街を散策するのが
山中温泉の夜のお楽しみ

提灯を持って対象の店舗を訪れるとサービスも。アイスクリームやドリンク、カクテルのほか、山中漆器のプレゼントなど各店オリジナルのおもてなしで来客を待っている。参画店は11軒。

「灯すやまなか」の魅力はYouTube動画(https://www.youtube.com/watch?v=nr-6WSI9urc)でもアピールしている。

期間は降雪期まで。時間は18−21時。

石川県山中温泉 旅のおすすめサイト


加賀カニごはん
【山中温泉】
この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ