観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

「海遊リゾート・皆生温泉」選ばれ続ける温泉地へ 皆生温泉まちづくり会議・伊坂明座長に聞く

2020年に開湯120年を迎える鳥取県皆生温泉。日本国内で最初にトライアスロンが開かれた地であり、開湯120年と同年に発祥から20年という節目の年を迎える。皆生温泉まちづくり会議(伊坂明座長=皆生グランドホテル天水)はこのほど、30年後も選ばれ続ける温泉地を目指し「海遊リゾート・皆生温泉」と銘打った皆生温泉まちづくりビジョンを作成した。伊坂座長に話を聞いた。

海・砂浜を生かす 温泉情緒や統一感の創出

皆生温泉の現状は2019年3月の段階で旅館組合加盟旅館は19軒、約4千人を収容する規模です。17年の宿泊客数は38万8千人で、米子自動車道が開通した1993年のピーク時から約25万人減となっています。地域別の宿泊状況は大阪、兵庫、広島、岡山の順になっており、この1府3県で約50%を占めています。ここ数年の傾向として全国各地のデータと同様、団体旅行から個人・小グループ旅行にシフトしていることが顕著にみられます。

まちづくり会議では、皆生温泉は目の前に海が広がる温泉地であること、名峰大山まで近い立地で自然豊かな環境にあること、フィッシングなど海の遊びがあること、トライアスロンやシートゥーサミットなどの大会が日本で最初に開かれた地であること、そして「海に湯が湧く」「皆が生きる」温泉地であることから「海遊リゾート・皆生温泉」として今後のまちづくりを進めることにしました。

皆生トライアスロン

日本で最初にトライアスロンの
大会が開かれたことを示す看板

我々の取り組みの最優先事項を「海・砂浜」に設定し、米子市観光センターから海岸線までの四条通りを「海・砂浜」と温泉街エリアを接続する動線として皆生温泉「『T』ライン」を設定したまちづくりを進めます。

四条通り

まちづくりの核、四条通り

具体的には温泉情緒と統一感のある町並みを形成し、共通のデザイン・ロゴ・シンボルカラーの創出、Tラインの景観整備、二次交通の拡充などに取り組みます。

なかでも海・砂浜と旅館を結ぶ遊歩道は現在、鳥取県によってサイクリングロードが整備されつつあります。皆生温泉エリア内にはレンタサイクルもあり、ランニングや散策コースとして地域の人が楽しんでいる姿を見ますが、特定層の利用に限られているのが現状です。より気軽に誰もが海・砂を身近に感じてもらえる雰囲気づくりを醸成し、多くの人に遊歩道、サイクリングロードをご利用いただければと思っています。

温泉・砂浜・海という皆生温泉の強みに加え、山陰の中心に位置するという立地、鉄道や道路など交通の利便性といった特性を生かしながら、積極的に他地域とつながり、利益連携を目指しています。その結果、圏域に存在する様々な魅力を私たち自身の魅力として「30年後も選ばれ続ける温泉地」をつくっていこうと決意しています。

伊坂明座長

30年後も選ばれ続ける温泉地をつくると
決意した伊坂座長

山陰鳥取 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ