観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

光秀・玉のダンゴ 京都丹後米製造所

宇治抹茶、丹後のブルーベリーの2つの味

丹後産コシヒカリを用い、こだわりのダンゴを作っている宮津市の京都丹後米製造所が2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送に合わせて「光秀・ガラシアの父子(おやこ)ダンゴ」の販売を始めた。

明智光秀と娘のガラシア(玉)をイメージした緑と桃色の2種類。宇治抹茶、丹後のブルーベリーを混ぜて異なる味を楽しめる。

販売は宮津市観光交流センター向かいのキセンバ港館内で、1日10箱(6本入り1千円)の限定。「光秀、ガラシアが宮津で過ごした日々を丹後のダンゴを通して思いを馳せて」とアピールしている。

同製造所のダンゴは独自製法で作り、冷たくなっても硬くならずコシヒカリの風味が味わえる。繰り返し購入するファンも多い。問い合わせは電話0772—22—5000。

京都丹後宮津 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ