観光業界専門紙「トラベルニュースat」おすすめ国内魅力再発見の旅

滋賀で緋色を感じる宿泊プラン

「ほっと滋賀色」キャンペーンに呼応し、県内宿泊施設が様々なプランを設定している。「スカーレット」の舞台である信楽からも近い、大津市や彦根市の旅館ホテルではスカーレットを冠した宿泊プランや食事プラン、陶芸体験の送迎などで、朝ドラの盛り上げに一役買う。

泊まってこそ楽しい滋賀色観光

琵琶湖畔の琵琶湖コンファレンスセンター(彦根市)は、研修・会議施設も充実したリゾート型の宿泊施設。大浴場の軟水風呂は肌がすべすべになり、女性用大浴場には今年2月に「水素風呂」を導入した。

同施設のプランは、平日1泊2食1万1500円。夕食は特別メニューの特選近江牛の「しゃぶしゃぶ」または「すき焼き」に、近江牛とろ寿司(2貫)が付く。

プランでは陶芸体験の予約と送迎も受け付ける。

国宝彦根城の中堀に面した彦根キャッスルリゾート&スパ(彦根市)。キャッスルビューのお部屋や、大浴場「城見の湯」からは天守を望む。食事は近江牛をはじめ、琵琶湖・近江の食材を活かした料理が好評だ。

売店の信楽焼陶器が充実している。自家用、お土産用に、ぐい呑みセット、焼酎カップ、コーヒーカップ、ご飯茶碗など、宿泊滞在中にゆっくりと吟味できる。

JR守山駅西口から徒歩1分のベッセルイン滋賀守山駅前(守山市)。全室サータ社とシモンズ社のポケットコイルベッドが安眠を提供する。

18歳以下の添い寝が無料なのも、同ホテルの特徴。今年3月から、運営会社のベッセルホテル開発(広島県福山市)が「大きな子どものいる家族旅行を応援したい」と、18歳以下の添い寝が無料になった。

琵琶湖畔に立つびわ湖大津プリンスホテル(大津市)は、会議場からレストラン・バー、プールまで備えたフルサービスホテル。38階建てで、すべての客室から琵琶湖を望むことができる。

10−3月に予定している特別プランは、1泊2食付きで、唐橋焼の器がお土産として付く。夕食には、信楽楽座の食材を使用した料理や、デザートに緋色をイメージして焼きあげた器で「焙じ茶プリン」を提供する。客室は、広々とした36・2平方㍍以上の部屋を用意する。ホテルから信楽へは、車で40分ほどの距離。

びわ湖大津プリンスホテル

琵琶湖が望めるびわ湖大津プリンスホテルの客室

滋賀県観光に関するお問い合わせ

滋賀県商工観光労働部観光振興局
電話 077−528−3743

滋賀県 旅のおすすめサイト

この記事をシェアする
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ